HOME 業務内容 当事務所の特色 法改正等最新情報 役所のパンフ・リ−フレット お問合わせ


人事制度の構築支援
就業規則の作成・見直し
人事・労務管理相談
労働保険・社会保険の諸手続
労働者派遣事業の許可申請
各種助成金の申請
年金相談
賃金規程作成・給与計算
セミナー講師・講演

「職場情報総合サイト」を公開/厚労省  

厚生労働省は9月28日、「職場情報総合サイト」を公開しました。同サイトは、若者・女性・高齢者・ 障害者等の働き手が、様々な観点から企業の職場情報を横断的に検索・比較できるWEBサイトです。 掲載する主な職場情報は、「採用状況に関する情報」「働き方に関する情報」「女性の活躍に関する情報」「育児・仕事 の両立に関する情報」など。データ登録企業は職場情報を開示することによる企業のPRになり、求職者は ライフスタイルや希望条件にあった企業を選択でき、よりよいマッチングの実現につながるとしています。

詳しくは こちら

2019年度厚労省予算概算要求は31.9兆円、年金額の改定率は0.0%を見込む

厚生労働省がとりまとめた、2019年度予算の概算要求によれば、額は前年度の当初 予算額(31兆1,262億円)より7,694億円(2.5%)増の31兆8,956億円となり、過去 最高となっています。このうち社会保障関係予算は29兆8,241億円。前年度からの 自然増は6,179億円(2.1%増)となりました。
2019年度の年金額改定については、改定率を0.0%と想定しています。

詳しくは こちら(PDF)

社会福祉施設等調査」結果を公表/厚労省

厚生労働省は9月20日、2017年「社会福祉施設等調査」結果を公表しました。
全国の老人福祉施設、障害者支援施設、児童福祉施設等計14万2,463施設・事業所の2017年10月1日現在の 状況をとりまとめたもので、「保育所等」は2万7,137施設で前年比872施設(3.3%)増、 「有料老人ホーム(サービス付き高齢者向け住宅以外)」は1万3,525施設で、同955施設(7.6%)増となっています。

詳しくは こちら

4月の介護費は2.9%増、総合事業は約2倍に/国保中央会調べ  

国保中央会が公表した「介護給付費の状況(平成30年4月分)」等によると、4月サービス分の 介護費は約8,838億2,418万円(前年同月比2.9%増)となっています。
内訳をみると、@居宅サービスが約4,048億7,121万円(前年同月比▲0.5%)、A地域密着型 サービスが約1,430億2,098万円(同5.4%増)、B施設サービスが約3,109億3,839万円(同2.2%増)、 C介護予防・日常生活支援総合事業が約249億9,360万円(同103.5%増)となっており、総合事業は経過 措置期間が終了し、平成29年4月には全市町村で予防給付の訪問介護・通所介護が移行したことから、 高い伸びとなりました。

詳しくは こちら

「統計からみた我が国の高齢者」を公表/総務省

総務省は9月16日、「敬老の日」にちなみ、人口推計等の結果からみた高齢者(65歳以上)の人口、 就業、家計等を公表しました。2018年9月15日現在で、高齢者人口は3,557万人(前年比44万人増)、 総人口に占める割合は28.1%、ともに過去最高です。2017年の高齢者の就業者数は807万人(同37万人増)、 14年連続の増加でこちらも過去最多となっています。  

詳しくは こちら
○  

建設労働需給、7月、8月ともに1.4%の不足/国交省

国土交通省は9月26日、「建設労働需給調査」(2018年月調査)結果を公表しました。
左官、配管工など8職種の全国過不足率は7月は1.4%の不足、8月も1.4%の不足となっています。 職種別では、全職種で不足となっており、鉄筋工(建築)の不足率4.3%が最大です。 東北地域は、7月は0.2%の過剰、8月も0.2%の過剰となりました。8職種の今後の 労働者の確保に関する見通しは、全国及び東北地域とも「普通」としています。

詳しくは こちら

7割強の組合員が迷惑行為遭遇 暴言や威嚇、ストレス深刻/サービス業

外食や介護業界などの労組が加盟するUAゼンセンは9月11日、サービス業の組合員に対するアンケート結果を 公表しました。それによると、業務中に顧客から悪質クレームなどの迷惑行為を受けたことがあるとの回答は 73.8%に上っています。このうち、9割超が迷惑行為でストレスを感じたと回答しており、深刻な実態が明らか になっています。  



○  



HOME 業務内容 当事務所の特色 法改正情報 役所のパンフ・リーフレット お問合わせ