HOME 業務内容 当事務所の特色 法改正等最新情報 役所のパンフ・リ−フレット お問合わせ


人事制度の構築支援
就業規則の作成・見直し
人事・労務管理相談
労働保険・社会保険の諸手続
労働者派遣事業の許可申請
各種助成金の申請
年金相談
賃金規程作成・給与計算
セミナー講師・講演

「働き方改革と生き方改革」などについて議論/経済財政諮問会議  

政府は10月23日、2020年「第15回経済財政諮問会議」を開催しました。議題は「地方への人の流れ」、「デジタル化の加速」。 配付資料「「新しい人の流れ」の創出で経済に活力を」によると、働き方改革と生き方改革について、 「教育訓練のための休暇制度や短時間勤務制度の活用拡大、デジタル時代に対応した職業訓練の見直しやキャリア相談支援、 20歳代からの兼業・副業・複業やテレワークの推進」などに早急に取組むべきとしています。

詳しくは こちら

非正規社員に対する賞与・退職金の不支給、「不合理と認められるものに当たらない」/最高裁

最高裁第3小法廷は10月13日、非正規職員への賞与や退職金の支給について争われた2件の上告審判決に おいて、一部支払いを命じた二審判決を変更し、不支給は「不合理と認められるものに当たらない」との判断を示しました。  

(大阪医科大学/地位確認等請求事件、賞与不支給) こちら
(東京メトロ/損害賠償等請求事件、退職金不支給) こちら

非正規社員に対する扶養手当、夏期冬期休暇等の待遇差は「不合理」/最高裁

最高裁第1小法廷は10月15日、非正規社員について扶養手当、夏期冬期休暇、有給の病気休暇などで正社員と非正規社員との 間に待遇差があることが争われた3件の上告審判決において、非正規社員にも継続的な勤務が認められることなどから、待遇差は 「労働契約法20条(改正前のもの)にいう不合理と認められるものに当たる」との判断を示しました。3件は、日本郵便の非正規社員が、 東京、大阪、佐賀の各裁判所に提訴したものです。

詳しくは こちら(日本郵便(大阪)事件)

2019年度の監督指導による賃金不払残業の是正結果を公表/厚労省  

厚生労働省は10月23日、労働基準監督署が監督指導を行った結果、2019年度に不払だった割増賃金が支払われたものの うち、支払額が1企業で合計100万円以上となった事案を公表しました。1,611企業に対して、合計98億4,068万円の 支払いを指導。対象労働者数は7万8,717人。前年度比で支払総額、対象労働者数とも減少しました。
タイムカード打刻後の労働、始業前残業と労働時間の切り捨て、固定残業代制度の不適切な運用等に対する指導・改善 事例も紹介しています。

詳しくは こちら

外国人技能実習生の実習実施者に対する監督指導、送検等の状況を公表/厚労省

厚生労働省は10月9日、全国の労働局や労働基準監督署が、2019年に外国人技能実習生の実習実施者に対して行った 監督指導や送検等の状況を公表しました。労働基準関係法令違反が認められた実習実施者は、監督指導を実施した 9,455事業場のうち6,796事業場(71.9%)。主な違反事項は、労働時間(21.5%)、使用する機械に対して講ずべき 措置などの安全基準(20.9%)、割増賃金の支払(16.3%)などです。重大・悪質な労働基準関係法令違反により送検されたのは34件でした。  

詳しくは こちら
○  

「男性の育児休業の取得促進」などについて議論/全世代型社会保障検討会議

政府は10月15日、第10回「全世代型社会保障検討会議」を開催しました。議題は「少子化対策について」。少子化 対策は我が国の国難と言うべき課題であるとし、「男性の育児休業の取得促進」、「不妊治療への保険適用」、 「待機児童の解消」を対策の論点にあげました。「男性の育児休業の取得促進」では、「配偶者の出産直後の時期に 育児休業を取得しやすくする制度の導入等について検討すべき」としています。

詳しくは こちら

建設労働需給、8月は0.6%、9月は0.8%の不足/国交省   

国土交通省は10月26日、「建設労働需給調査」(2020年9月調査)結果を公表しました。
左官、配管工など8職種の全国過不足率は、8月は0.6%の不足、9月は0.8%の不足となっています。職種別では、 鉄筋工(建築)以外の職種で不足となっており、型わく工(土木)及び型わく工(建築)の不足率1.3%が最も大きいです。 8職種の今後の労働者の確保に関する見通しは、全国及び東北地域とも「普通」としていま。  

詳しくは こちら


○  



HOME 業務内容 当事務所の特色 法改正情報 役所のパンフ・リーフレット お問合わせ