HOME 業務内容 当事務所の特色 法改正等最新情報 役所のパンフ・リーフレット お問合わせ





人事制度の構築支援
就業規則の作成・見直し
人事・労務管理相談
労働保険・社会保険の諸手続
労働者派遣事業の許可申請
各種助成金の申請
年金相談
賃金規程作成・給与計算
セミナー講師・講演


雇用保険料率(H30)
平成30年4月からの労災保険率
平成30年4月からの労務費率

平成30年3月分(4月納付分)からの
健康保険・厚生年金保険の
保険料額表
東京都 埼玉県 その他府県

「事業主の方のための雇用関係助成金〜雇用の安定のために【詳細版】
両立支援等助成金(H30)
「雇用保険に関する業務取扱要領」H30.1.1以降

「労働者派遣事業関係業務取扱要領」H29.11.1以降
H27.9.30施行の
改正労働者派遣法に関するQ&A

労働者派遣事業と請負により行われる事業との区分に関する基準(37号告示)関係疑義応答集

国税庁「暮らしの税情報」(H30年) 平成30年版 源泉徴収のあらまし
平成30年分 源泉徴収税額表
平成29年度「年金制度のポイント」
国民年金・厚生年金保険
精神の障害に係る等級判定ガイドライン
















(独)高齢・障害・求職者雇用支援機構

(独)勤労者退職金共済機構・中小企業退職金共済事業本部(中退共)






歌で広がる楽しい世界

話題の鉄道IC連動ゲーム

高度プロフェッショナル制度に関する省令案要綱及び指針案を労政審に諮問   

高度プロフェッショナル制度に関する省令案と指針案が、12月14日、労働政策審議会に諮問され、労働条件分科会での 審議がはじまりました。高プロの対象業務を限定列挙するほか、対象労働者の同意に関する要件、対象期間などが示されました。
対象業務は次のとおりです。
@金融商品の開発業務、A金融商品のディーリング業務、Bアナリストの業務(企業・市場等の高度な分析業務)、Cコンサルタントの業務(事業・業務の企画運営に関する高度な考察または助言の業務)、D研究開発業務

平成31年度の雇用保険料率は前年度と同率の0.9%   

厚生労働省の労働政策審議会職業安定分科会は12月21日、平成31年度の雇用保険料率に関する告示案を 妥当と認め、平成29年度、30年度から引き続いて料率を据え置くことが決まりました、一般の事業は0.9% (事業主0.6%、労働者0.3%)、農林水産・清酒製造業は1.1%(事業主0.7%、労働者0.4%)、建設業は1.2%(事業主0.8%、労働者0.4%)です。

詳しくは こちら

「日本は労働力の高齢化という課題に対処するために、退職政策を見直すべき」
/OECD新報告書
  

OECDは12月20日、新報告書「生涯を通じたより良い働き方に向けて:日本」を発表しました。 「高齢者を新たに雇用し、雇用を継続することを事業主に促すため、定年制と年功賃金のさらなる見直しを 実施すること」と我が国の高齢者雇用制度に批判的な見解を示したほか、長時間労働、女性の労働市場参入 につき提言を行いました。  

詳しくは こちら

その他の新着情報はこちら  



HOME 業務内容 当事務所の特色 法改正情報 役所のパンフ・リーフレット お問合わせ